twitterで街をハッピーに!

八王子市夢美術館 「励起する表面」展  ワークショップに参加

この記事は10はぴです。

2017/02/05(日)〜 2017/02/19(日)まで八王子市夢美術館

 

海老塚耕一 「励起する表面」
作品を触れる・見る・感じる

 

が催されています。

 

 

いつも企画展は2か月程の期間ですが今回は2週間と短いです。
11日(土)にワークショップがあったので参加してみました。

 

 

励起(れいき)とは物理用語で、外からエネルギーが与えられることで、
元のエネルギーが高まる状態が保たれることを指します。
本展は一般に「見る」芸術とされている美術を視覚以外の感覚を用い「触れる」ことで美術作品を鑑賞するユニークな展示です。

 

この展覧会は作品に触れて美術を感じることが出来る他写真撮影もOKでした。


 

 

 

床に置かれた板に彫刻刀で掘られた跡が残る作品。

 

 

 

壁に掛かった作品


どれも手で触って感触を確かめられます。
ワークショップではさらに色々な大きさの紙を当てて鉛筆・色鉛筆・クレヨン・パステルでその上からこすり出しの技法で作品を写し取っていきます。

 


作者の海老塚氏は干拓(?)と言われていました。

「見るだけの美術品は晴眼者の為だけのものだ」とも。

 

最初は遠慮がちに始めましたが皆さん大胆に取り組まれているので
私も楽しくなってきました。

昔子供の頃木の縁側でクレヨンでこんなことしたな~という思い出が蘇って来ます。
実際こすり出してみると彫刻刀で彫られた跡だけではなく木そのものの凹凸も感じられます。

 

 

作品自体が抽象的な物が多かったのでちょっと思っていたのと異なりましたが触って感じることが出来る珍しい展覧会です。

あと残り1週間ですがぜひ体験してみて下さい。

 

 

 

掲載日付:2017/02/13
ペールブルー

沿線ライター
ペールブルー さんによって書かれた記事です。

ライター記事一覧へ

街はぴポイント投票♪

この記事は
10はぴです。

スポット情報

店名
八王子市夢美術館 
住所
八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
連絡先
042-621-6777
定休日
月曜日
営業時間
10:00~19:00

この記事へのコメント

コメントを書く

2017/02/14 | のりのりのり さん
こんにちは、貴重な体験ができましたね。
私もここのワークショップに参加したことがありますが、気負わずに見ることができました。学芸員さんたち頑張っています。

海老塚さんは
1991年 第15回平櫛田中賞を受賞~。
すごい、精力的に活躍されているんですね。
2017/02/15 | ペールブルー さん
のりのりのり様、
申し込み不要でしかも無料でしたのでハードルが低かったです。
殆どが大人でしたので子供さん向けのワークショップもあれば
良いのにと思いました。
いつもコメント有難うございます。

事務局オススメ記事

  • 街はぴ新規会員登録(登録無料!)
  • モバイルQRコード
    街はぴスマホ
    スマートフォン用の街はぴはこちらからお進みください。
  • 京王沿線生活マガジン「アイボリー」
    京王沿線の生活に役立つ情報をお届けする生活マガジンはこちら!
    詳細はコチラから